MENU

月刊PHP「PHPエンジニア モデル年収600万円への道」

2016 8/16
月刊PHP「PHPエンジニア モデル年収600万円への道」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Think IT Weekly 特別号                                     2014年05月07日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━株式会社インプレスビジネスメディア

◆◇◆◇  ==== 月刊PHPチャネル ====  ◆◇◆◇
PHPエンジニアを対象に技術情報、製品情報をお届けします
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎≪32歳PHPエンジニアのモデル年収600万円を実現 ≫ ITコアのPHP人材育成事例
◎≪中級者向け≫ 『変数操作関数編 その1~3』と『関数処理関数編 その1』を公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PHPエンジニアを対象とした技術情報や製品情報をご紹介する、月刊PHPチャネルの
メールマガジンをご案内します。

初級から上級まで、PHPエンジニアにとって必要な情報を、コラム形式で紹介して
います。

詳しくは、以下の各コラムをご覧ください。

・……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……・

改めまして、ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパンの吉政忠志と申します。

月刊PHPチャネルでは、PHPエンジニアの皆さまやPHPエンジニアを目指す方向けの技
術情報や製品情報を月に一回お届けいたします。

今号では、以下の情報をお届けします。

■1■ 中級者向けPHP変数操作関数編など4本公開【ヒューマンリソシア】
■2■ NECラーニングはNECマネジメントパートナーとして新たにスタートしました
■3■ PHPのバージョンアップを簡単に、PROVE for PHP【ESI】
■4■ モデル年収600万円(32歳)への道「PHP人材育成事例」【ITコア】
■5■ ドキュメンテーションをさらに効率化するDITA【ナレッジオンデマンド】
■6■ PHP技術者認定【上級】試験のサンプル問題を公開【PHP技術者認定機構】
■7■ コラム「新しい職場で効果がある「言い方」~その秘訣はおうむ返し~」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■中級者向けPHP変数操作関数編など4本公開【ヒューマンリソシア】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人材派遣のヒューマンリソシアはエンジニアの皆様に少しでもお役に立てればと考え、
ITエンジニアコラムを運営しています。その中で、親方こと古庄道明氏に上級PHPer
になるためのコラムを執筆頂いています。

今回は『変数操作関数編 その1~3』と『関数処理関数編 その1』を公開しました。
興味がある方は以下をご覧ください。
PHPer上級者になるために知っておきたいこと
http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cl5_00011sw9_15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ NECラーニングはNECマネジメントパートナーとして新たにスタートしました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NECラーニング株式会社は、2014年4月1日付けでNECプロサポート株式会社、NECパー
チェシングサービス株式会社、NECデザイン&プロモーション株式会社と統合し、社
名を「NECマネジメントパートナー株式会社」に改め、人事・総務・調達・販促・人
材育成など多様な共通業務サービスを一元的に提供する会社として新たなスタートを
切りました。
これまでNECラーニングとしてお客様にご提供してまいりました各種研修サービスは、
NECマネジメントパートナーのラーニング事業として継続してご提供してまいります。
今後の取り組みなど詳細は
http://cc.mas.impress.co.jp/c/005ckv_00011sw9_97
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■PHPのバージョンアップを簡単に、PROVE for PHP【ESI】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PROVE for PHPはPHPのバージョンアップを簡単に行えるツールです。
PHPプロジェクトでは毎年新しいマイナーバージョンのリリースが行われます。

セキュリティフィックスが提供されるPHPを利用には少なくとも3年に一度、サポート
されているPHPを利用するには2年に一度のマイナーバージョンアップが必要です。
PROVE 3もリリースも間近です。PHPのバージョンアップを行うならPROVEです。
詳細は http://cc.mas.impress.co.jp/c/005ckw_00011sw9_bd
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■モデル年収600万円(32歳)への道「PHP人材育成事例」【ITコア】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、当社のPHP人材育成事例をPHP技術者認定機構に公開いただきました。そのイン
タビュー記事には、PHPなどの特定の技術のみならず、またプログラマーやSEなどの
特定の職種にこだわらず、オールラウンドプレイヤーになることで、会社に依存しな
い自立した力を得られ、32歳のモデル年収600万円を実現することや、将来的な独立
の支援を受けられることなどが記載されています。
事例の原文は⇒ http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cl4_00011sw9_85
ITコアの採用情報は⇒ http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cl1_00011sw9_72
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ドキュメンテーションをさらに効率化するDITA【ナレッジオンデマンド】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
SAP、Oracle、Amazon、Apple、Dell、Adobe Systems、Intel、Ciscoに代表される海
外の先進的な企業の多くが採用し、パイロット導入を始めているXML技術「DITA」を
本格展開します。DITAは従来のDTPとはまったく異なるドキュメント(マニュアル)
制作の手法です。5年後には、企業内の技術文書のほとんどがDITAで管理されるよう
になると言われています。弊社は今後、DITAを本格的に展開をしていき、皆様のマニ
ュアルライティングを支援していきます。「DITA」については以下をご覧下さい。
DITAへの取り組み
http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cl2_00011sw9_c3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■PHP技術者認定【上級】試験のサンプル問題を公開【PHP技術者認定機構】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PHP技術者認定【上級】試験を受けられる方には様々な思いがあります。単純に学習
の成果をチェックするために受ける方もいますし、PHPの仕事を得る為に受験される
方もかなり多いです。上級試験は難易度が高いです。コーディング読解が中心ですの
で、試験には珍しくコーディング力が問われます。その分だけ、実践力の証明になり
ます。PHP未経験者でPHPの仕事をしたい方、習得度合いをチェックしたい方は、以下
のサンプル問題をご参考にされるとよいと思います。
http://cc.mas.impress.co.jp/c/005ckz_00011sw9_19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ コラム「新しい職場で効果がある「言い方」~その秘訣はおうむ返し~」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月から新しい会社や職場になった方も多いのではないでしょうか?そこで、言葉の
使い方についてコラムを掲載いただきましたのでご紹介します。ここで書いている内
容は正しい日本語の文法の話ではありません。単語というか名詞の使い方の話です。
新しい職場になじみたい方や、なんかぎくしゃくしている方は、もしかしたら参考に
なるかもしれません。宜しければ、以下をご覧ください。
★コラム原文⇒ http://cc.mas.impress.co.jp/c/005ckx_00011sw9_93

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私は一般社団法人PHP技術者認定機構の運営にも参加しています。その絡みもあり、
毎年作っているグッズを今考えています。2年前にマグカップを作り、結構大当たり
で、昨年はペチゾーというぬいぐるみを作りました。今年は2種類作ってみようとい
う話になり、今予算調整中です。PHPカンファレンス2014までには作りたいです。
そういえば、PHPカンファレンス2014の公式サイトが立ち上がっています。PHPが楽し
くなる素晴らしいイベントだと思います。興味がある方は以下をご覧ください。
(吉政)

PHPカンファレンス2014公式サイト
http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cky_00011sw9_f5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本号外のコンテンツはビジネスOSSコンソーシアム・ジャパンがお届けしました。
☆ http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cl0_00011sw9_38
★ http://cc.mas.impress.co.jp/c/005cl3_00011sw9_37
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日ごろからご愛読いただきましてありがとうございます。
Think ITは読者の皆様のメンバー登録によって成り立っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
* 本メールは、メール配信を希望された方、弊社出展のイベント等にて  *
* 弊社担当者とお名刺交換させていただいた皆様にお送りしております。 *
* お問い合わせや配信の停止、送り先の変更方法は以下をご覧ください。 *
■配信先アドレス変更 → http://reg.impressrd.jp/update/
■配信中止 → http://reg.impressrd.jp/cancel/?mc[]=mailmag_1&mc[]=mailmag_2
■広告掲載に関するお問い合わせ →                      ad-ibc@impress.co.jp
■ニュースリリースなどの送付先 →                     release@thinkit.co.jp
■本メールへのお問い合わせ →                            info@thinkit.co.jp
※当メールマガジンの全文または一部の文章について、当編集局の許可なくホーム※
※ページ、blog、メーリングリストまたは他のメディア等へ転載を禁止します。  ※
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社インプレスビジネスメディア IT Leaders編集局 シンクイット 編集部
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地
Tel:03-5275-9040(代表) / Fax:03-5275-8089
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いた人

目次
閉じる