当団体の活用方法、参加メリット、サービスメニュー

当団体は以下の大きな2種類のサービスを提供しています。それぞれのメニューと参加料金(基本とオプション)は以下の通りです。※以下の金額はすべて外税標記です。
PHP やRuby、Ruby on Railsの認定技術者(対象試験の合格者)を育成できた企業は以下の「認定インテグレーターサービス」にご参加ください。自社の技術者育成を無料でア ピールできます。また、PHPやRuby、Ruby on Railsのビジネスに関係なく自社OSSビジネスをマーケティングを活用してアピールされたい方は以下の「マーケティングサービス」にご参加ください。 低コストで自社のビジネスや求人情報をアピールできます。(お勧めは両方の参加です)

Image14

認定インテグレーターについての説明はまずはこちらをご覧ください。
上記の各メニューの概要は以下をご覧ください。


認定インテグレーターの呼称使用

以 下の条件を満たした法人が、所定の書類を提出することで認定インテグレーターの呼称を使用できます。協賛金をお支払いせずに参加できます。認定を受ける と、自社で認定技術者を育成していることをアピールできます。また、オプションになりますが、1万円をお支払いいただくことで認定プレートを受付などに掲 示し、自社来訪者にも同様のアピールができるようになります。申請後、承認され次第、公式Facebookや提携先の朝日新聞デジタル版、ZDnet、 CNETにて認定インテグレーターに参加されたことが告知されます。
なお、協賛金を支払うことで、マーケテイングサービスを受けられるようになります。事業の拡大にあわせて、マーケテイングサービスも是非ご利用ください。
jouken2015
※自社Webの記載については、認定を受けた会社の会社概要やサービス紹介のページに「PHP認定ゴールドインテグレーター」等の標記をしていただき、当団体のトップページにリンクを張っていただければ幸いです。
※認定技術者は当該企業の正社員もしくは契約社員でなければなりません。
※事例は自社Webに公開されている場合のみ有効とします。
※上記に記載されている認定技術者の各対象試験は以下のページを参照ください。
PHP技術者認定試験
Rails技術者認定試験

PHP技術者認定試験に対応したコースを以下の協賛会社が行っています。受験をされる際に是非以下び対応コースを受講もご検討ください。
アシアル株式会社インターネットアカデミーNECマネジメントパートナー株式会社フロイデ株式会社
※NECマネジメントパートナー 芝浦研修センターで実施されるPHPのトレーニングに参加されるBOSS-CON協賛会社社員様には図書カード3000円プレゼントします!このページを印刷し、初日のAMに講師に渡してください。
また、協賛会社であるオライリージャパン社が出版している「はじめてのPHP5」「プログラミングPHP」はPHP技術者認定試験の主教材として採用されています。試験合格のための教材として高い評価を得ています。教材についてはこちらをご覧ください。

Rails技術者認定試験に対応したコースを以下の協賛会社が行っています。受験をされる際に是非以下び対応コースを受講もご検討ください。
CTCテクノロジー株式会社フロイデ株式会社


無償教材の社内利用

ESIが提供している以下の教材を無償使用できます。
・コンピュータセキュリティ標準編(全72ページ)
・コンピュータセキュリティアプリ編(全152ページ)
・コンピュータセキュリティネットワーク&インフラ編(全102ページ)

無償使用の条件は以下の通りです。
・社内教育用に限定して使用すること。
・ESI及び一次配布者であるPHP技術者認定機構、Rails技術者認定試験運営委員会、BOSS-CON JAPANは本件に関する一切の責任を持ちません。利用される方は自己責任で利用すること。
・本教材を不特定多数への配布したり、インターネット上で公開しないこと。

なお、ESIは希望者には希望者を改定できるファイル形式(マイクロソフト社PowerPointなど)で無償提供しています。希望される方は以下のWebサイトよりお問い合わせください。
ESI:エレクトロニック・サービス・イニシアチブ有限会社 http://www.es-i.jp/aboutesi/


Job@の利用

job@ とは全会員が使用できる無料のメーリングリストです。開発の委託や人材の提供希望や仕事の希望など仕事に関するトピックのみ配信が可能です。企業間での情 報交換に限定しています。同一内容の配信は禁止されています。あらかじめ登録された窓口の方のみ情報を発信できます。求人情報の発信はできません。 BOSS-CON JAPAN宛に開発会社の紹介依頼などがあった場合、このメーリングリストで共有されます。案件紹介希望者のメールアドレスを委託希望者に送付し、委託者 が希望した場合のみ、委託者からコンタクトがあります。年間に数件のお問い合わせを頂いています。


公式Facebook、公式Twitterへの掲載と広告

協賛金をお支払いただいている会員はOSSに関係するセミナーや商材情報を公式Facebookページや公式Twitterに掲載することができます。なお、禁止事項は以下です。
・同じ内容の複数回投稿
・公序良俗に反する内容などクレームが来るような内容

掲載可能な内容の一例は以下です。
・OSS関連のセミナー、ソリューションの紹介、事例の紹介、人材募集の告知など
・プログラマー全般に見てほしい情報も可能
・トレーニングコースも日程が違えば掲載可能です。
公式Facebookページは以下です。
https://www.facebook.com/bossconjapan

公式Twitterは以下です。
公式Twitter  https://twitter.com/bosscon


キーマンズネットへのコラムの掲載支援

キー マンズネットの中小企業(従業員500名以下)向けにBOSS-CON JAPANの理事長である吉政忠志がコーナーを持っています。協賛金をお支払いただいている会員は執筆経験がない方でも、執筆企画が承認されれば、同コー ナー上で連載が可能です。執筆経歴ができることで、単独執筆の道も開けます。掲載されると、約17万人(2015年12月現在)のキーマンズネット コラ ム専門メルマガに掲載されます。


プレスリリース配信代行

協賛金をお支払いただいている会員はIT系のメディアデスクや記者 90宛先に年2回までプレスリリースの配信代行を無料で受けられます。(1回4万円相当のサービスです)詳しくは以下をご覧ください。
https://www.boss-con.jp/aboutus/press/


ITmediaマーケティングの広告割引

会員はITmediaが運営するITmediaマーケティングの広告が割引になります。広告媒体資料や広告料金表は以下をご覧ください。
http://corp.itmedia.co.jp/ad/mediadata/

割引率についてはBOSS-CON JAPAN事務局にお問い合わせください。他のメディアについても広告の割引が適用される場合があります。お気軽にお申し付けください。


事例ページの紹介

認定インテグレーターは自社の事例ページをWEB開発事例のページで紹介できます。掲載された事例ページは公式Facebookページや公式Twitterで拡散されます。


オプション:認定プレート

希望者は以下の認定プレートを1枚1万円で購入できます。
・各種認定インテグレータープレート
・協賛会社プレート

認定プレートは以下になります。
高さ18㎝×横14㎝の大きさで参加企業名が入ります。
plate

オプション:インプレスThinkIT 月刊PHPと月刊Ruby&Rails


イ ンプレスThinkITのメルマガ読者(エンジニアが大半の4万人(2016年5月時点))に月刊PHP、月刊Ruby&Rails、月刊Monacaをそれぞれ毎月1本を発行するメ ルマガで告知ができるオプション・サービスを展開しています。参加料金は月刊PHP、月刊Ruby&Railsそれぞれで年間10万円(2017年度から12万円井変更いたします)で、4万人に12回分7行のメルマガ広告を発行できます。
※掲載順番はインプレスThinkITとBOSS-CON JAPAN事務局に一任されます。なお、文体などインプレスの編集方針に沿った内容に修正される場合があります。

button-3000

おすすめ記事

  1. NECマネジメントパートナー主催 新入社員育成担当者様向けセミナー「2018年度新入社員の育て方」
  2. NECMPがコラム「OpenStack市場動向から見る必要な人材像」を公開しました。
  3. Dive into Codeが「NTTPCコミュニケーションズがRubyベースのWebアプリケーション開発「即戦力コース」で100名の人材育成を実施」
  4. BOSSCON メンバー限定!PHPソースコード検査シルバー/ゴールドの現地説明会&ミニセミナー無料、各コース1社、11/3日までのお申し込みまで。
  5. 代表コメントがデジタル・ヒュージ・テクノロジーの発表に掲載されました。
PAGE TOP